フレナーラ

ジェルタイプの制汗剤で、外出先でも使いやすいフレナーラですが、効果を感じる制汗剤は肌に負担が大きいこともあります。

肌がデリケートな女性は、成分も気になるところです。

フレナーラの成分を検証してみました。

フレナーラの成分は?

フレナーラの成分

フレナーラの有効成分

クロルヒドロキシアルミニウムイソプロピルメチルフェノール

 

有効成分のクロルヒドロキシアルミニウムには、肌や毛穴を引き締める作用があり、それにより汗を出にくくする働きがあります。

塩化アルミニウムに比べ、赤みやかゆみが出にくく肌が弱い方にも使いやすいのが特徴です。

 

その他の成分

精製水、1,3-ブチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、Ⅰ-メントール、リンゴエキス、シソエキス(1)、ハマメリエキス、マロニエエキス、ブドウ葉エキス、オトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、アルニカエキス、チャエキス(1)、海藻エキス(1)、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン

 

フレナーラには、植物エキスや海藻エキスが配合されています。

ジェルを使用した後も手がサラサラになるように、そして肌の保護をするために、植物エキスを使用されています。

冬は手がガザガザなのに、手汗が多いという状況になりがちです。

フレナーラは汗を抑えるだけでなく、皮膚の保護も考えられているので、冬の手汗にも使いやすいのが嬉しいですね。

フレナーラの成分 ここが気になる

フレナーラには、パラベンが配合されています。

パラベンは旧表示成分の防腐剤として知られており、肌に刺激が有るものの代名詞のように言われていますが、ベビー用の保湿剤や敏感肌用の化粧品にも配合されています。

フレナーラは、メチルパラベンとエチルパラベンの2種類のパラベンを使用しています。

これは、異なる種類のパラベンを一緒にすることで、少量で効果的な防腐効果が期待できることが研究から知られており、肌に負担を少なく防腐剤としての効果を発揮する事に重点をおいた結果だと思います。

2種類もパラベンが入っている!と頑なに否定するのではなく、2種類入っているから使用量を極力減らせるという事実も知っておきたいですね。

そうは言っても、パラベン類は、肌がとても弱い方には、負担になることがあるのも事実です。

今までパラベンが使用されている化粧品で肌荒れをしたことがある方は、フレナーラも避けておいた方が安心だと思います。

 

ストール まとめ


フレナーラの有効成分は、クロルヒドロキシアルミニウムという成分です。

また、肌を保護する植物エキスも配合されているので、手汗を抑えながら皮膚を保護するという考え方の制汗剤だと思います。

塩化アルミニウムの制汗剤で肌荒れをしたことがある方にも、使いやすい制汗剤だと思います。

ただ、防腐剤として安全の範囲内ですが、メチルパラベン、エチルパラベンが含まれていますので、パラベン配合の化粧品で肌荒れしたことがある方や子供の使用は控えておいた方がいいと思います。

>>フレナーラを実際に使って感じた効果はこちら

 

  関連記事

 

矢印フレナーラの効果を検証!実際に使ってみたレビュー

矢印フレナーラは手汗に効くの?足汗・ワキ汗には?

矢印制汗剤が効かない!意外な●●が原因かも!

矢印手汗は自律神経が原因!?結局どうすればいいの?

矢印手汗にも反応するスマホの保護フィルムを知りたい!

矢印ブーツを履くと足が臭い!?足汗が原因かも?足の匂い対策3つ

矢印電車での汗が恥ずかしい!電車の汗対策5つポイント