girl

生理前に汗が増えて困っているという女性は、意外と多いものです。

「自分だけ?」と、悩んでいる方も多いこの悩みですが、多くの方が生理前には汗が増えると感じています。

生理前に汗の量が異常に増える原因は、生理が近づくと女性ホルモンの1つである、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンの量が増えるからです。

今回は、生理前に汗が増える原因と対策を詳しくまとめてみました。

生理前に汗が増える原因

女性ホルモンには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類があります。女性の体は、この2つのホルモンのバランスの変化によって、複雑な働きをしています。

プロゲステロンは、汗をかいたり、イライラしたりさせたりている犯人がこのホルモンです。

エストロゲンは、汗を抑えたり美肌を高める効果を持っています。別名美肌ホルモンとも呼ばれ、女性らしさや美しさには必要不可欠なホルモンです。

生理前はプロゲステロンが優位に働くようになります。プロゲステロンが優位に働くと、体温が上昇するため、汗をかきやすくなったり、肌荒れが起こったりします。

女性ホルモンによって汗の量が増える時期は、生理前の他にも妊娠中更年期があります。妊娠中は、生理前にも増加するプロゲステロンも増加するため、汗をかくようになります。

汗をかく女性

また、更年期は女性ホルモンの減少により、男性ホルモンが優位になり汗をかきます。

さらに、更年期で分泌が少なくなったプロゲステロンの分泌をもっと出すように、脳が指令を出すため、汗かきホルモンであるプロゲステロンが異常に分泌されて汗をかきやすくなる場合もあるそうです。

生理前の汗の対処法は?

女性の体は複雑で、相反する性質を持ったホルモンの相互作用でバランスが保たれています。

生理前の汗が異常に増えるのは、基本的には一時的なものなので、汗を吸収しやすい服装をしたり、制汗剤を用いて対処して行くのがよいと思います。

ただ、生理前に汗がどうしようもなく増える場合には、女性ホルモンのバランスが崩れていることも考えられます。この場合には、女性ホルモンの補充療法などが効果的ですので、婦人科を受診してみるのも1つの方法です。

 

また、食事で女性ホルモンを活性化させて、バランスを整える方法も有効です。女性ホルモンを活性化させるには、大豆イソフラボンが効果的です。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、汗を抑える女性ホルモンである「エストロゲン」と似た科学構造をしていますので、汗を抑える効果が期待できます。さらに、美肌にも効果的といい事づくしです。

大豆イソフラボンが多く含まれる食品は、納豆・豆乳・豆腐・油揚げ・大豆煮・きな粉・みそ等手軽に食べられる物も多いですので、積極的に摂取してみましょう。

 

ストール まとめ


いかがでしたか?

生理前に異常に増える汗は、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの影響でした。

生理前のイライラや肌荒れもプロゲステロンが増加することで引き起こされますので、大豆製品を積極的に摂取して、プロゲステロンに負けない体を作っていきたいですね。

大豆製品は、汗も少なくなってキレイになれる、まさに女性のミカタです。また、汗が多くなって日常生活が困る場合は、ちょっと強力な制汗剤などを使用して乗り切りましょう。

>>>脇汗に効く制汗剤ランキングはこちら

 

 

  関連記事

 

矢印汗で化粧が落ちるのを何とかしたい!顔の汗を抑える方法

矢印脱毛したら脇汗が増えた!原因と対策を徹底解説

矢印足汗でサンダルが履けない!5つの対策をご紹介

矢印デートで手をつなぐ時に手汗が気になる!デートのポイント

矢印手汗は呼吸で改善されるの?手汗が収まる呼吸法とは