24歳の会社員の女性です。手汗とワキ汗に困っています。

手汗は、彼氏と手をつなぐときに一番困ります。真夏はもちろん、真冬の寒い時期でも手汗をかいてしまうのです。手をつないでいると、だんだん自分の手がしっとりしてくるのがわかります。

彼氏と手をつなぐ時に恥ずかしい!脇汗で電車も憂鬱です

付き合い始めてすぐは、手汗に悩んでいることを言えずにいました。手汗をかきそうになったらすぐ手を離したりしていたので、彼氏が不思議そうな顔をしていたのを覚えています。
彼氏からは特に指摘はされませんが、デートで手をつなぐ時にはいつも申し訳ない気持ちになります。

また、ワキ汗も同様で、真冬でも店内などのあたたかい場所に行くと汗をかいてしまいます。ですので、グレーなどの汗ジミが目立つ色は着ることができません。

汗ジミが目立つ色を着たときに、手をあげることはご法度です。電車でも、つり革ではなくて手すりにつかまります。

現在敏感肌で、いつもと違うメイク用品を使うと肌が真っ赤になってしまいます。汗をふく時間がないと、汗で肌かゆくなることもあります。

制汗剤を徹底活用!少しの気遣いで汗の悩みは軽くなりました

手汗に関しては、対処法がわからなかったので、まず彼氏に正直に伝えました。そして汗をかき始めたらすぐにハンカチで拭くように心がけています。

ワキ汗に関しては制汗剤がマストです。また、外にでるときはこまめにトイレに行き、ワキ汗を拭くようにしています。

手汗に関しては、正直に話してから彼氏がネタのようにしてくれるので心配がなくなりました。今までは、手汗をかいていることがばれるのが嫌だったことも、手汗を助長してしまっていたみたいです。

手汗をかくことに変わりはありませんが、話す以前よりもかく量は減ったように感じます。
また、ワキ汗に関してはものすごくたくさんかいてしまうので、制汗剤では抑えきれません。ですが、制汗剤を使わないよりかはましです。

汗ジミの目立つ服を着るときは緊張しますが、制汗剤を使用し、こまめにトイレでワキ汗を拭くことでいくらかましにはなりました。真冬でもワキ汗はかいてしまうので、一年中制汗剤はかかせません。

汗の悩みは、こまめさが重要だと感じました。自分ではかきたいと思っていないのにかいてしまうのは仕方がないことです。いまは制汗剤なども充実しているので、出かける前にしゅっと一吹きするだけで汗の心配は軽減します。

汗の心配をしながらお出かけしても楽しめません。お化粧を直すついでにワキ汗も拭く、といったように、いつもよりちょっとだけ気を遣えば悩みません。手汗も一緒で、ハンカチで拭けば手汗は乾きます。

汗をかかないに越したことはありませんが、そうもいきません。少しの気遣いで悩みが軽減するのなら、気遣うことが大切だと思いました。