手をつなぐ子供

子供は汗っかきとは言っても、「我が子の手汗の量はちょっと度が超えているのでは?」と悩んでいるお母さんは多いものです。

小学校に上がるようになると子供自身もだんだんと手汗の多さを気にし始めますし、母としての悩みは益々深くなりますよね。

aseちゃんは自分自身が子供の頃から手汗がひどかったので、子供が手汗に悩んだら何とかしてあげたいと思ってきました。実際、小学生の一番上の子は手汗が多くなってきて、ノートを取る時にシワシワになるから嫌だと言っていましたので、早速手汗改善方法を行っています。

今回は、子供の手汗を改善していく方法をご紹介します。

子供の手汗の改善方法

check 手汗用の制汗剤を利用する


手汗を止める方法としては手術などの方法もありますが、副作用もありますし子供はまだ成長途中なので手術などは避けたいところです。

そこで、自宅でできる方法で一番即効性があるのは制汗剤の使用です。

手汗用の制汗剤は、過剰に働いている汗腺の働きを落ち着かせるので汗の量が減ります。

ただ、気をつけたいのは子供は大人に比べて肌が弱いことです。

強力な制汗剤は、効果が強い反面、子供の肌はデリケートなので肌あれを起こすリスクもあります。手のひらは比較的皮膚の厚い部分ではありますが、子供が使用する場合は様子を見ながら使ってあげる必要があります。

また、多くの手汗用の制汗剤の有効成分は塩化アルミニウムです。

塩化アルミニウムは、手汗には効果的ですが、体内に入って脳に達するとアルツハイマー症などの原因に成りかねないという話もあり、研究が進められています。

大人ならば舐めることもありませんし手汗対策として用いる量ならば問題ないとされ、病院でも塩化アルミニウムが処方されていますが、子供には塩化アルミニウムとは別の有効成分の無添加制汗剤を使ってあげた方が安心ですね。

 

aseちゃんも子供に手汗用の制汗剤を使用したところ、授業中も手汗が気にならないと喜んでいました。

効果にはもちろん個人差はあると思いますし、体質によるところも大きいと思います。

でも、子供の悩みには親が子供と一緒になって、積極的に対処していく姿勢は大切にしたいと思っています。

子供

 

check 手汗に罪悪感を持たないように気持ちをサポートする


手汗に悩む子供たちは、手汗に罪悪感や恥ずかしいという気持ちを持っていることが多く、自分ではどうする事もできない手汗の悩みを深くしていきます

緊張は手汗の量を増やす原因になりますので、子供のうちから手汗に動揺しない、リラックスした精神状態を持てるようにしてあげる必要があります。

手汗は改善できるから心配することはないよと親が言い切ってあげることで、子供は安心できます。

aseちゃんは子供から手汗の相談された時、自分と同じ悩みを抱えさせてしまった事に胸が苦しかったですが、子供にはあえて「大丈夫、大丈夫、お薬を塗ればすぐに止まるから~♪」と軽く返しました。その様子に子供は安心したようで、「なんだ、そっか~」と元気になっていました。

手汗が多い子供たちが手汗のせいで今後の人生を悩まないように、そして自分自身を悲観せず前を向いていけるように、私たち親が子供の心を支えていきたいですね。

 

ストールまとめ


子供の手汗も、手汗用の制汗剤で抑えることが可能です。

子供の肌はデリケードでかぶれやすいので、肌に優しく体に害のない手汗用制汗剤を使うと安心です

また、手汗の多い子供が手汗が多い自分を悲観しないよう、心のサポートを行ってあげたいですね。

制汗剤をうまく使うことによって、「手汗は止められるから大丈夫」と心のお守りになると良いと思います。

>>子供にも安心!肌を守りながら汗を抑える制汗剤はこちら!

 

  関連記事

 

子供のワキガがいじめの原因に!!ワキガを抑える秘密の成分●●

子供の頭の臭いをパパッと解決!息子に試した効果的な対策をご紹介!

子供の手汗に塩化アルミニウムは使用して大丈夫?

手汗は生まれつきなの?子供の頃から続く手汗を改善する方法

手汗の成分が気になる!手汗がベタベタする理由